カプセルサプリメントの種類・特徴は?安全性等について調べました。

カプセルサプリメントの種類について※ソフト・ハードカプセルがある

カプセル,サプリメント,効果

カプセル状のサプリメント
のタイプとしては、ソフトタイプ
ハードタイプがあります。

 

 

サプリメントの成分は
時間の経過によって徐々に
変質していきますが、
ソフトタイプは密閉力が強く
時間の影響を受けにくいタイプです。

 

 

 

カプセル,サプリメント,効果

密封性が高いソフトカプセルを使えば
成分自体の風味や刺激を感じずに
摂取できるので、苦手な成分でも
安心してカンタンに飲めます。

 

 

ソフトカプセルは密封力があり、
内部と外部をしっかり
隔ててくれるため、
化粧品や薬として加工されることも
多くなり、さまざまな場所で
目にするようになりました。

 

 

ソフトカプセルは、サプリメントでは
ビタミンEなどに多く使われているようです。

 

 

カプセル,サプリメント,効果

ソフトカプセルの多くは、
ゼラチンから作られています。

 

 

ソフトカプセルでは、
ゼラチンを原材料にした膜を用いて、
なかにさまざまな栄養成分や脂質、
粉末の成分が封入されています。

 

 

 

カプセル,サプリメント,効果

ハードカプセルは、医療の現場で
作られる薬や、健康食品
多く見られます。

 

 

ハードカプセルではキャップと
容器で1セットで、
容器に粉状の薬品成分や
栄養の粉末を入れます。

 

 

カプセル,サプリメント,効果

ハードカプセルの特徴は、
内容物に特殊な加工をすることなく
使用することが可能であり、
成型の段階での成分の
劣化などが防げる点にあります。

 

 

ハードカプセルの成分も
主にゼラチンで、使用の退目的により
いろいろな形に成型されています。

 

 

最もオーソドックスなハードカプセル型
のサプリメントの形状は、両側に丸みのある円筒形です。

 

カプセルサプリメントの特徴※カプセルにはどんな利用法があるのか?

カプセル型サプリメントにはどんな性質があるのでしょうか?

 

 

カプセル,サプリメント,効果

元来、カプセルは医薬品などに
多く使われていました。

 

 

近年では、カプセルサプリメント
健康食品を入れることもあります。

 

 

 

カプセル,サプリメント,効果

苦い薬を飲みやすくするために
オブラートが使用されていた頃とは違い
包む手間も無く、そのまま飲める
ようになったのことは、大変便利です。

 

 

もともとサプリメントも
タブレット型が多かったようです。

 

 

タブレット型の欠点は、
外気の影響を受けやすく、
特に湿度に弱いことです。

 

 

 

カプセル,サプリメント,効果

この場合、カプセルに
成分を封入することで、
成分の保存性を高めることが
可能となります。

 

 

カプセルサプリメントによって
必要な栄養素を効率よく
摂取できるようになったと
言えるでしょう。

 

 

カプセル,サプリメント,効果

主にゼラチンでできているカプセルは
サプリメントの場合、
楕円形のものが多いようです。

 

 

使い道や飲み方によって
カプセルの形はいろいろ
調整されているようです。

 

 

 

カプセル,サプリメント,効果

この頃は、一度で使い切るタイプの
美容液など化粧品のケースとしても
カプセルが多く活用されているようです。

 

 

カプセルにはハードタイプ
ソフトタイプとがありますが、
粉を入れる時はハード型、
液体を入れる時はソフト型
というのが主流となっています。

 

 

カプセル,サプリメント,効果

楕円形で黄色っぽいソフトカプセルで、
ビタミンEが入っているものが
定番商品としてあります。

 

 

最近は、ハードカプセルに
ビタミンCの成分が入っている
サプリメントも種類が充実してきて、
舐めるタイプでは、
酸味が苦手で摂取できなかった人にも
受け入れられています。

 

 

これまで、酸っぱくて口に入れられなかったという
ビタミンCサプリメントでも、カプセルに入れることで
とても飲みやすくなりました。

page top