しみの予防と治療について【レーザー治療の前に食事とサプリを試す】

しみの予防と治療について最初にやるべきことは?※紫外線は回避する

しみの対策と治療にはどんな方法があるのでしょうか?

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

日光が強い10時から14時にかけては、
強い日差しに肌をさらさないよう
極力出かける時間をずらします。

 

 

どうしても出かける場合は日焼け対策として
帽子やサングラス、日傘などを用意し、
日焼け止めクリームを塗ると良いでしょう。

 

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

しみにならない肌を保つには、
紫外線はできるだけ回避しましょう。

 

 

しみはできてから治療をするより
できる前に対策を講じる方が確実ですし
低コストで澄みます。

 

 

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

しみを減らす効果があるものは
ビタミンCの多い食材です。

 

野菜やかんきつ類など、
ビタミンCが多いものを
毎日食べるようにしましょう。

 

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

ヨーグルト、海苔、卵なども
しみに対して有効です。

 

 

小豆の粉末を詰めた袋でしみを軽くこすると
しみが薄くなると言われています。

 

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

この頃はしみ対策にトレチノイン治療が使われいるそうです。

 

 

ビタミンAの一つであるトレチノインは、肌にこびりついている角質を取り除くことができるとされ、しみの原因となるメラニン色素を除去する効果があります。

 

トレチノインを用いた治療法は、
皮膚科や美容整形などの専門医でなければ受けられません。

 

 

 

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

レーザー治療もしみにはよく用いられます。
これは、医療機関のみの治療であり、
しみに特殊なレーザーをあてて
メラニン色素を取り除きます。

 

 

痛くない治療なので痛みに弱い人でも
安心して受けられます。
しみの他にもそばかす、にきび
気になる人にも有効です。

 

 

 

この他、ケミカルピーリングという
角質層の部分を薬剤で取り除き

しみ 対策,日焼け対策,紫外線 対策

皮膚の代謝力を高める治療もあります。

 

美容整形でしみ治療を行う場合、
短期間でしみをとることができますが、
保険が利きませんので注意が必要です。

 

しみを医師に治療してもらう場合は、
料金なども調べておくことが大切です。

 

 

顔のしみと肝班が出来るのは30~40代に発症する【女性ホルモン】

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

顔にできるしみに対しては
ビタミンがいいという話がありますが
ビタミンでは効果がないしみもあります。

 

 

効果が無いのは、肝班と呼ばれる顔のしみで
30代から40代で発症することが多いです。

 

 

肝班の見分け方は、
しみのふちが明りょうでないこと
右と左に同様に出てくることです。

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

女性ホルモンの乱れや
紫外線が関係しているとされており
出産経験のある女性などに見られます。

 

 

日差しの影響でできたしみは
ビタミンで対応可能ですが、
顔にできたしみの除去は難しいといいます。

 

 

 

では、顔のしみである肝班には何が良いのでしょうか?

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

合成アミノ酸であるトラネキサム酸を使うという方法もあります。

 

 

トラネキサム酸は止血剤として使われていて、血友病や白血病の出血を抑える薬としても使われています。

 

 

1カ月ほど、1日3回のトラネキサム酸錠剤の摂取を継続することで肝班が薄くなったという例もあります。

 

肝班のしみが薄くなりはじめてから1カ月続けることでしみ治療ができるといいます。

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

肝班の場合、よくある顔のしみのつもりで
レーザーによるしみ治療を行うと
逆に悪化してしまったり症状が悪くなってしまうことが
ありますので要注意です。

 

トラネキサム酸は皮膚科で処方してくれるので、
顔のしみが気になる方は一度、
診察を受けてみると良いでしょう。

しみとしわの予防をする効果的な方法は?※大豆イソフラボンが効果的

どのようなお手入れをするとしみやしわ対策に効果的でしょうか?

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

しみしわのない肌になるためにとは
食生活を見直し、3食規則正しく
食べ過ぎ飲み過ぎを控えましょう。

 

 

睡眠不足を解消し、きちんと寝ることも
お肌のためになるでしょう。

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

お肌の美容にいいとされているコラーゲン
体内である程度作られていますが、
特に夜11時~夜中2時にかけてが
生成作用のピークとなります。

 

 

午後11時から午前2時の間の睡眠は
美肌を保つために有効だとされています。

 

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

しみやしわの解消に効果的な成分として
大豆イソフラボンがあります。

 

これは女性ホルモンと非常に似た作用がある
と言われており、特に摂取時間として
理想的なのは寝る前です。

 

夕飯のメニューに、豆腐豆乳納豆などを
積極的に取り入れるといいでしょう。

 

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

また、スキンケアを丁寧に行うことで
肌の状態も改善されます。

 

 

最も重視したいのは洗顔です。
洗顔料に美白に効果的な成分が
配合されているタイプもありますし
しみやしわ改善効果を肌に与えつつ、水分を維持するという化粧品もあるようです。

 

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

しみやしわの目立たない肌になるためには皮膚に対して内外から良い効果を与えることが必要です。
美肌には、便秘の解消も効果的とされています。

 

この他にも美肌効果のあることはいろいろありますので皮膚の内部からも外部からもしみやしわ改善になるアプローチを続けましょう。

 

しわ取りに効果のある化粧品

しわ改善にいいという化粧品に配合されている成分とは?

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

化粧品でしわを全くわからなくすることは
できませんが皮膚の老化を遅らせ正常な皮膚を
再生し良い状態を保つことで
しわを目立たなくすることはできます。

 

 

紫外線カットをする化粧品には
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が
使用されています。

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

肌環境を整える化粧品には抗酸化作用、
代謝促進作用、
アミノ酸成分が配合されています。

 

 

スキンケアが十分に行きとどいていないと
肌の保湿力が弱まり、
少しずつ小じわが増えてしまうことがあります。

 

 

スキンケアローションやミルク、クリームなどで
アミノ酸成分が含まれているものを選び、
肌の保湿力を高めるとしわ解消に効果的です。

 

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

ただし、深い部分にまで刻まれたしわは
加齢の影響でできたものなので
化粧品だけでは解消できません。

 

 

やはり若いうちから紫外線には十分注意し
日光に肌をさらさない生活が望ましいのですが
手遅れということありません。

 

 

代謝を高め、肌の酸化をストップする成分の含まれる化粧品であれば
しわ対策として良いでしょう。

 

しみ 対策,肝斑 対策,紫外線 対策

化粧品と相性が良くない場合は
使うのをやめましょう。
肌タイプと合わない化粧品を
使い続けることは肌に悪影響を与え、
結果的にしわを多くしてしまいます。

 

自分にあった化粧品を選ぶことが
一番重要なのです。

page top